学資保険は契約者の年齢も条件に関係ある
何歳

学資保険は契約者の年齢も条件に関係ある

子育ては若いうちがいい、とか親がより経験を積んでからの方が良い等の意見がありますが、どちらにしても、子どもの事を考えて早いうちから子どもの将来のために、できるだけ早いうちから準備することは大切です。
子どもの将来を出来るだけ豊かなものにしてあげたい、そんな親が考えるのが、将来の教育資金の準備です。
これも早いうちに、親が若いうちに行っておくことに越したことはありませんが、一つの手段として「学資保険」を利用するとなった場合も同様です。
学資保険とはある一定の期間保険料を支払い続けることによって、満期が来たらまとまったお金を受け取ることができる保険の事を言います。

子ども保険とも呼ばれることがあります。
ではなぜ早いうちが良いのでしょうか。
それは、掛かる保険料が関係します。

子どもが生まれて間もなく、親が若いうちに加入するのと、子どもが小学生ぐらいまで育って、親もその間に年齢を重ね、それから学資保険に加入するのでは後者の月々の保険料はぐんと上がってしまいます。
満期への期間が短い分月々の支払いも高額になります。
ですから、早い時期から学資保険を準備する方が良いと言ったのはそのためです。
子どもが生まれる前からよく話し合っておくのも良いことです。

このページの先頭へ