学資保険の必要性に関して
何歳

学資保険の必要性に関して

子どもの将来を考える親にとって、お金の悩みは尽きません。
子どもにかかるお金は想像以上に膨大なものですが、やはり不自由なく生活して欲しいですし、質の高い教育を受けてほしい、健やかに育ってほしい、と願っているものです。
ですから、子どもが幼いうちから貯蓄などの方法で、将来に備える人が少なくありません。

そんな方々に一つの選択肢として用意されているのが、保険会社が用意する「学資保険」です。
「学資」とあるように、主に子どもの教育費を貯蓄するような形で準備することができるものです。
学資保険のメリットは、継続性が高い事と、保険料を払い続ければ確実に将来お金を受け取ることができるという点です。

デメリットも無い訳ではありません。
それは、個人で貯蓄を行った場合と比べて、「返戻率」が下がるという点です。
保険であることには掛かりませんので、支払った保険料に対しての満期に受け取れる金額が少なくなってしまう(元本割れ)が発生する可能性があります。

ですから、支払った(貯めた)分がそのまま将来欲しい!という人は学資保険は必要ないかもしれません。
逆に、返戻率は気にしないが、こどものために医療保険も付与したい、という方にも、学資保険はおススメです。

このページの先頭へ