子供一人の教育費に関して
何歳

子供一人の教育費に関して

だれでも自分の子どもを持っておられる親御さんなら、自分の子どもがすくすくと育って、良い教育を受けてほしい、自分の夢を叶えて欲しい、と願うものです。
親はそんな子どもを、一生をかけてサポートしていくわけですが、子どもが想像する以上に親はいろんな面を賄っているのです。

親が子どものために費やす費用は、子どもが生まれてから成人するまで、1000万円以上とも言われています。
この数字は概算でしかなく、きっとそれ以上のお金、それだけでなく時間や労力を費やしていることでしょう。
こういった負担を軽減するためにあるのが、教育費をサポートするための、『学資保険』です。

学資保険は子どもの教育費などのために、子どもが小さいころから一定の保険料を支払い続けることによって、子どもが大きくなったときの教育費に充てることができる、というものです。
子どもが高校、大学…と進むにつれ掛かる費用も大きくなっていきますので、この学資保険の制度があればかなりの面で助かることでしょう。
もちろん保険料を払っていかなければならない、という大変さもありますが、一度に大きな出費を経験することを考えれば、計画性を持ってこの保険を利用するメリットが把握できるでしょう。

このページの先頭へ