何歳

契約者は両親のどちらを選ぶ

最近では、子どもの将来のことを考えて、『学資保険』というものを利用される方が少なくありません。
学資保険とは、貯蓄とは少し異なりますが、一定期間一定の保険料を支払い続けることによって、こどもが将来大きくなり教育費などでお金が必要になった時に、まとめてお金が受け取れる保険のことを言います。
よく「子ども保険」とも言われていましたが、今ではその区別もありません。

学資保険はもちろん被保険者は『子ども』です。
子どものために加入する保険だからです。
では、保険の契約者は、両親どちらにするべきなのでしょうか。

例えば、夫が会社員としてフルタイムで働いているとします。
一定の収入があり、保険料の支払い能力もあります。
一方妻は専業主婦として、子どもの面倒を見る予定でいます。
妻の方は、収入はありません。
この場合、どちらを契約者とすればよいでしょう。
普通なら、一定の収入がある、夫の方です。

ただ、家庭環境によっても異なりますので、一概には言えません。
どちらを契約者とするか、両親の収入など様々な面を考えて決定する必要があります。
特に現代は妻の方でも安定した収入を得ている方が多いため、どうすればより子どものためになるのか、考えると良いでしょう。

↓自分で貯蓄する場合と学資保険の比較
   

このページの先頭へ